審査は不要に繰り返すと不利!自分の属性にあわせた業者選び

金融業者選びの大事なところにまず信用のおける業者かどうかが挙げられますが、信用度の高い大規模の金融業者の場合、審査が厳しかったり収入のハードルが高いなど利用出来ないという方も出てくるのが実情です。

アルバイトやパートで働いていらっしゃる方であればなおさら低収入として否決されてしまう可能性がありますので、そうした方がいきなり大規模の消費者金融を申し込みして審査が否決され続けてしまうと、その否決審査情報はどんどんと信用情報に蓄積されていきます。

すると、どうなるでしょう。

次に審査をする業者からすれば「この人は何度も何度も否決になっているが何度も申し込みをしている。よほどお金がないということは返済に苦慮するのではないか?」という疑問が出ても不思議ではありません。

つまり不用意に否決結果を蓄積するのは次の審査にどんどんと影響してしまうのです。

そうなる前に、収入が低いと認識がある場合などは小中規模の消費者金融を選ぶようにしましょう。もちろん正規業者に代わりはないので審査もしっかり行なわれますが、利用者獲得のために審査ハードルは大規模の消費者金融よりも考慮されているといわれています。その代わりに利用できる枠も低額であることがほとんどなので、その点も意識しておきましょう。



このページの先頭へ